< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年08月15日

ボルトキャリアの欠け?

皆さんこんにちは。

更新する気力が無いのでサボり気味ですが内容が薄く短くまとまりそうな書きやすいネタが有ったので久しぶりに更新。

GBB VR16のボルトキャリアのボルトキャッチを受ける部分がつぶれてしまいました。
どうやらホールドオープンした状態でボルトキャッチを押し込んだとき、手が滑ってキャッチが半押し状態になったままになりボルトキャリアの狭い範囲に力が掛かったようで酷いレベルの欠けが生じてしまいました(汗

しかし、手元にボルトキャリアのスペアは無い・・なのでヤスリで潰れた所を修正してみましたw




いきなり修正後の写真です()
潰れた所を削り取り、形を整えただけですが問題なくホールドオープンするようになりました。メデタシメデタシ


追記 2016/8/15
前回書いたノズルガイドの破損についてですが、前回の記事でコメ欄に書いた対策をやったら5,000発はクリアできました。二本目のボルトキャリアはガチガチに締めて1,000発持たなかったので多少は進歩した気がしますが実際に対策を試したボルトキャリアが一本だけなので効果が有るのか断言できない状況です。また壊れたら記事にしていこうと思います。

追記終了



おまけ

VFCさんデフォで穴開けてください。



  

Posted by がらがし at 21:49Comments(0)VFC M4 GBB

2016年03月24日

VFC 2015のボルトキャリアに穴開けてみた!

皆さんこんにちは。

私、いつも書き出しに何かくだらない一言を入れるのを楽しんでいる訳ですが特にネタもないので今回は何も書きませんという事を書かせていただきます。

今日はボルトキャリアのお話です。ガスブロM4ってしっかりボルトキャリアが再現されてるのに赤丸の所の穴がモールドでしか再現されてなくて残念ですよね。





WEM4なんかではここに穴をあけちゃうカスタムが盛んで最初っから穴が開いてるカスタムパーツなんかも有るみたいですが、VFC、WA系は私が見たことが無いだけなのか穴をあけてる人や空いてるカスタムパーツなんかも見たことが無かったんです。だから「やると動かなくなるタブーなのかな・・」なんて思っていたんですが、やっぱりリアルなボルトキャリアが欲しい・・

そこで穴をあけようと決心したわけですが、ツイッターでフォロワーさんが「WAならやったけど普通に動きました。VFCでも穴を開けるつもりです。」と教えてくださったので安心して穴を開けることが出来ました。


で、実際に開けたのがこちら。(カム部分を他のボルトキャリアに取られていますがキニシナイ





どうでも良い人からすると「そんだけ?そんだけでわざわざ記事にしてるの!?ねぇ!!」って怒られそうな感じですが、好きな人には重要な意味を持つ穴なんです(意味深






組み込んでみるとこんな感じ。単体の時に比べて何かコレジャナイ感・・orz



そこで、実物の写真と比べてみると・・





何か、僕の開けた穴の方が小さいような・・しっかりVFCの穴のモールドの直径測って開けたのに(泣
まあ、穴が小さいだけなら後から拡張することもできるので気にしないで行きましょう()

因みに、助言をくださったフォロワーさんのVFCは穴もモールドより少し大きくあけられていて、ボルトキャリア自体も染め直しを行いポートカバーも一番リアルになるパーツを使った とのことで写真からはまるで実銃の様な雰囲気が漂っていました。


肝心の心配してた作動の方は・・
まずはセミオート (当たり前ですがこちらの動画ではノズルガイド等はしっかり組み込んであります。)






フルオート




穴を開ける前と大して変わらず、バッチリ動きます! 穴ありのボルトキャリアでしっかり動かせるのはWEの専売特許かと思って諦めていましたが、VFCも大して動作に影響は無いようです。



しかし、下の写真のようにガス抜け穴の先にも少しだけシリンダー部が続いているのでボルトキャリアを極限まで重くしたりするカスタムをしている場合には影響が出る可能性もあるかもしれませんので実行は自己責任でお願いします。




総評としてボルトキャリアに穴が無いのが気になる方にはおすすめですが、加工に失敗すると残念なことになってしまいます。なので、加工するときはドリルを使う前に先のとがった釘などで刃が滑らないようにするための窪みを作る(ポンチを打つ)ことを忘れないようにお願いします。でも、予備のボルトキャリアも簡単に手に入りますし、迷っているならチャレンジしてみた方が良いかもですね・・。


最後に助言いただいたフォロワーさんと記事をご覧いただいた皆様、ありがとうございました。




  

Posted by がらがし at 18:44Comments(2)VFC M4 GBB

2016年01月20日

月刊 スペア・アッパー を作る【創刊号】 ~レシーバー編~

皆さんこんにちは。

いきなりですがAR-15って良いですよね。豊富なパーツの中から自分で好きなパーツを選んで部品を交換し組み立てる。勿論、プロに頼んで調整・組み立てしてもらい最高の一丁を得るのも良いでしょう・・

でも自分で苦労して、時には間違ってパーツを壊したりしてカスタムしたARは最高の相棒かと・・(*/∇\*) キャ


と、言うわけで創刊号はこちら




VFC M4 GBB アッパーレシーバーが付いて11k。はい。ええ。何かをこじらせると一から組みたくなりますw

「一から組む」と言っても今回はアッパーだけ組んで終わりにする予定なのでこの記事のタイトルも「AR-15を作る」ではなくてビミョーな感じになっております(爆





袋から出す。いたって普通のレシーバー。でも一応リアルサイズ。VFCはリアルサイズ。VFCはリアルサイズ(重要





右側面。リアルサイズでポートカバーやフォアードアシストもついてこのお値段なんだから安い方だろうなぁ・・IRONさんやPRIMEさんのレシーバーとか欲しくなるけどアッパーはともかくロアはWA規格になるので、値段と相まって手を出せないですな。





とりあえず VR-16 に装着してみるとガタがほぼ無い。「お前、VR-16として買ったレシーバーはガタガタでスペアで買ったレシーバーはピッチリってどういうこと?」とVFCを問い詰めたくなりますが、まあしょうがないw

何か、お店でいつまでも売れ残ってた最後の一個みたいだったので 2015Ver.と同じロットではなくて前のロットなのかもしれません。





レシーバー前側。当たり前ですがガスチューブを通す穴とか開いてます。





ピッチは良く解りませんが、マルイ純正 次世代M4バレルナットがそのまま奥まで捩じ込めたのでマルイに付くレプリカハンドガード&バレルナットは多くの場合無加工で行けそう。楽ちん。

2016/4/19 追記
次世代M4に無加工装着可と言う文句で売られていたNSRハンドガードは無加工では付きませんでした。途中できつくてバレルナットがねじ込めなくなってしまう感じだったので三角ヤスリでうまいことやったら装着できました。噂ではリアルピッチとのこと。

追記終了




どこに需要があるのかわからないが取り敢えず内部の画像でもw
擦り傷すらないキレーなレシーバー()




この辺のリアルさがマルイMWSには無いですな(むき出しの敵意

でも、マルイMWS良いですよね・・命中精度も作動性も良くて箱出しで弄る所皆無とか・・正直、ぼきゅもMWS欲しい()  まあ、そんなお金は無いんですが(泣

各社M4GBBは何気に良いところ悪いところが異なっていて、各社うまい具合にすみわけているんじゃないかな~って思います。


話がそれましたが、今日はこの辺で・・
ご覧いただき、ありがとうございました。




おまけ

AR-15系のレシーバー内に有る部品の名前がわかるすごい画像。
まあ、この他にも色々な呼び名があるのかもしれませんが有ると便利かもしれませんw



  

2014年05月31日

MEU スライドストップ 破損

皆さんこんにちは。
最近、いろいろ忙しくサバゲに行けていません・・・OTL
気がつけば既に6月も間近・・今年の夏もサバゲに1回も行けずに終わるんでしょうか(泣
こうストレスが溜まるとまた何か買ってしまいそうで怖いですww



今日、昔に壊れてしまったMEUピストルのスライドストップの修復(誤魔化しの方が適切か・・)を行いました。
MEUのスライドストップは実は3つの部品から出来ていて、そのうちの外軸を止めているパーツが
かなりの数を撃ち込んでくると衝撃で外れてしまいます。(すいません。パーツをかなり前に無くしてしまったので写真はないです・・)


そうなると、スライドストップの外側の軸が外れてしまうので銃に付けることができません。
そこで以前はこのように反対側に養生テープを貼り付け外軸が抜け落ちないようにしていました。




しかし、これでは見た目が悪い・・・OTL

そこで、身の回りに有った物で何とかしたのがこちら・・・



えっ・・なになに!? プラスネジはちょっと?
はい、私も同感ですよ。えぇ・・・orz(しかもこの黒・・マッキーで塗った ってかマルイ刻印でけえな。
しかし、養生テープよりは100倍マシかと思うのでやり方を紹介させていただきます。(誰の参考になるというのか・・(汗

用意したものは・・



写真のM3タップとM3*15ネジ(今回は平たい面が欲しかったので皿ネジをチョイス)

で、スライドストップの内側の軸の元から空いてる穴にタップを切っていくのですが、毎度の通り作業中の写真は有りません・・(~_~)

後は、ネジを付けてネジの頭の径を銃に付く大きさになるまでヤスリで整えます。
で、整えたら、大量のネジロックを付けて色を塗り、いきなり完成。(今度からは写真撮ろう・・うん。



上から見ると中々マトモなんですがね・・横からだとプラスネジなのがわかってしまうのが辛いところ・・




パテとかで埋めれば完璧になるのかもしれないけど別に撃つだけだし・・このままでいいか~w

お読みいただき、ありがとうございました。
  

Posted by がらがし at 22:31Comments(0)MY 1911

2013年12月30日

次世代M4 そうだ、配線を考えよう ②

皆さんこんにちは。今回が今年最後の更新になります。来年も月一回程の更新で
また参考にもならない様な記事ばかりかと思いますが、何卒宜しくお願いします。

この記事は前々回からの続きです。

今から三週間ほど前、まとまった暇な時間がようやく手に入り、M4をばらしてみたわけですが一応撃てるようにはなり
レスポンスも新しいスイッチのおかげで向上しバッテリーも念願のストックインにする事ができました。(^_^)

しかし結局、前回動かなかった原因は解らず仕舞い・・・



ただ、想像ではスイッチアセンブリにシリコンスプレーを吹き付けてしまったのでそれがいけなかったのか?
普通のグリスだと通電不良が起きるのは知っていたけど粘度の低いエーゼ○トの物でも起きるものなんでしょうか?(初心者過ぎて恥ずかしい(;一_一)
この点は分解前から疑問に思っていたので今回こいつを使いました。



エー○ットの接点復活スプレーです。このブログに来る皆さんには当たり前の物かもしれませんね・・・


そうそう、前回の組み込みはストックパイプに穴を開ける加工だけで済んだのですが、



今回ばらすときに新たな加工が必要なことが分かりました。その加工はストックパイプの配線が通る部分の盛り上がりを削ることです。



ここを削らないと、組み込めても次ばらすときに配線がこうなります。あギャーヽ(・∀・)ノ



でヤスリで10分ほど格闘して・・・



周りと同じ高さに合わせました。しかし、組んでから一回もばらしてないので、頭の中では「これで大丈夫なはず!」
と思っていますが、実際にやってみると不測の事態が起きたりするので侮れません。(自分がアホなだけww




こうして、アッパーとロアを配線の煩わしさを感じることなく、分離できるようになりましたとさ。相変わらずトリガーガードは無し。
( ノ゚Д゚) よし!あとはフリーフロート化だ!RASでマークスマンライフルとかやってらんねえよ!!


それでは、皆さん良いお年を!!(-_-)/~~~



おまけ

ライ○クス製の畳みたいな色のタンカラーのレイルガードをリダクション(?)してみた。



「元々ガタ付きも有り、色合いも好きじゃなかったので「もう、どうにでもな~れ~」ということで犯行に及んだ。
焦げてしまっているしパターンも下手だが、今では少し気に入っている。」などと犯人は供述している。



  

Posted by がらがし at 13:34Comments(0)次世代 M4